ギター工房

 
ロコギターズ

072-845-6984



チャレンジ精神と探求心旺盛なオーナー様の
弾き心地と音へのこだわりが随所に詰まった
まさにスーパースペシャルなギター!
小型車、または軽自動車1台分の駐車
スペースがございます。普通車以上の方
はお近くのコインパーキングをご案内致し
ますので、恐れ入りますがそちらに駐車
頂きますようお願い申し上げます。

〒573 大阪府枚方市高田1-1-47

●牛骨セパレートサドル
こちらもセパレートナットと同様の効果を狙った仕様ですがナット、サドルの両方が合わされば、その効力は当然ながら確実に増すと言えるでしょう。結果、音の粒立ちの良さや、芯のある音を発揮します。

アームレストを浮かせて固定することにより、せっかくのトップ板の振動も妨げることがありません。何よりも木の温もりとその滑らかな手触りは、どこか安心感を与えてくれます。
 お知らせ

fax: 072-845-6985

mail: loco@locoguitars.net

営業時間 15:00~20:00

●牛骨セパレートナット
こちらは古くから実際にある仕様らしく、一本一本の弦の振動をより正確に伝え、音の分離性を良くして
全体的なバランスの向上を図ったものです。

※毎週水曜定休日


●ブリッジレス
こちらは今回最も大胆でインパクトのあるカスタマイズだと思います。当初、ご依頼を頂いた際に仕上がりがどうなるのか想像がつかず作業工程など苦悩しましたが、結果は想像以上で、クラッシックギターの優雅さを損なうことなく、どことなく落ち着きを払った雰囲気を与えてくれています。強度的な問題も今の所はなく、音量、音圧とも向上したように感じます。
                   
●サイドポジションマーク
クラッシックギターの指板には、いまだにサイドポジションマークすら入っていない場合が多くあります。慣れの問題もあるかもしれませんが、これは実用上やはりあった方が便利。ポジションマークの代わりにシールなどが貼られたクラッシックギターをよくお見かけしますが、これなら後付け感もなく、高級感もあってぜひおすすめです。
●メインポジションマーク
まずはやはり実用的かつシンプルなパールドットということになるでしょう。その他にも様々な素材や大きさ、形がございます。もちろんオリジナルデザイン等も可能です。
●アームレスト
こちらもプロ、アマチュア問わず、多くの方が使用されているアイテムで、市販品も多く見かけます。当工房ではもちろん自作。最高級グレードのインディアンローズウッドを使用し、木の質感にこだわった高級仕上げとなっております。もちろん取付ける場所やデザインなどもお好みのままです。

ハイポジションのスキャロップです。
これで「タンゴ・アン・スカイ」のラストの決めもバッチリ!?
●指板スキャロップ
ジャンボフレットに続き、実用上とにかく少ない力で弦を押えやすく、という所にこだわったカスタマイズです。
よく使われるポジションのみという事で、7フレットから17フレットの高音弦側(1~3弦)のみスキャロップしています。
「KODAIRA AST-100」クラシックギター カスタマイズ   ※単体画像でのご説明になります。
             
横から見た感じ。自然な木の光沢と、ローズウッドの質感あふれる高級仕上げです。
その厚みは0.1ミリ以下。
サドルを通した弦の振動が直接トップ板に伝わって
振動のロスがありません。
弦止めには牛骨のスーパーチップというものが使わ
れています。
●ジャンボフレット
従来エレキ弾きでイングヴェイファンのオーナー様の大胆な発想により実現しましたが、クラッシックギター独特の音色がより暖かみと丸みを増し、若干サスティーンも上がったような気もします。スライド、ビブラートなどもやり易くなり演奏性が向上しました。


●サイドポジションマーク
●メインポジションマーク
●ジャンボフレット
●指板スキャロップ
●牛骨セパレートナット
●牛骨セパレートサドル
●ブリッジレス
●スーパーチップ
●サイドサウンドホール
●アームレスト
以上、いかがでしたでしょうか。

楽器への向き合い方というのは人それぞれにあると思いますが自分好みに改造し自分好みのギターに変えていくというのもまた格別の喜び、楽しみがあると思います。当工房ではそんなお客様のご要望を実現するためのお手伝いを全力でさせていただきます!

 リペアファイル 
●サイドサウンドホール
初めからこのような仕様のギターもあり、比較的ポピュラーな改造といえるでしょう。音の広がりや、音量のアップはもちろん、本来は横からしか聞くことのできない自分の演奏が、ダイレクトに耳に届くその喜び、快感は何ともいえないものがあります。
●スーパーチップ
弦の先に巻き付けてしっかりと固定し、振動をダイレクトにサドルに伝えるためのアイテム。今回は一つ一つ牛骨で丁寧に作り上げました。自作をされる方も多く、市販品もあるようです。

1 2

このページのトップへ戻る