ギター工房

 
次にマイクロメッシュの#2400~#12000まで当て
円の淵にツヤを出します。
RYOJI MATSUOKA '81年製  MODEL NO 30L #56352

  サイド板のショルダー部分にサウンドホールとして穴を開けて欲しいとのご依頼です。
  ボディが小さいギターの音量アップを狙ったカスタマイズで、もちろん通常ボディのギターにも有効です。
  
ロコギターズ
次に#150ペーパーの小さめのサンディングパッドで、ケガき線が消えるギリギリの所まで削りながら削り面を整形していきます。

072-845-6984

小型車、または軽自動車1台分の駐車
スペースがございます。普通車以上の方
はお近くのコインパーキングをご案内致し
ますので、恐れ入りますがそちらに駐車
頂きますようお願い申し上げます。

〒573 大阪府枚方市高田1-1-47

必要によってはコンパウンド等で円の淵を軽く磨き上げてもいいかもしれません。
次に整形した円を崩さないように注意しながら#600のペーパーでかすかに残っているようなケガき線やバリなどを取ります。
その後は#800~#2000までペーパーを当てます。
 お知らせ

fax: 072-845-6985

鉄鋼ヤスリでの削りが終わったら丸棒に#150のペーパーを巻き付け、ケガき線まで削ります。
かなりいびつですが・・・こんな感じで穴が空きました。
使い道のないピックガード材の端材が結構ありましたので
適当な大きさのものを選び、それに直径5センチの穴を空けます。

※単なる穴空け作業ですので、もっと簡単で効率の良い方法が
きっと他にあると思いますが、とりあえずこの方法しか
浮かびませんでした・・・汗

mail: loco@locoguitars.net

最後はレモンオイル等を塗布して拭きあげたら完成です。

営業時間 15:00~20:00

続いて#320ペーパーののサンディングパッドでケガき線を消しながら削り面を滑らかにして、円の整形を終えます。
ドリルの穴空けで若干めくれた箇所があったため、広がらないように念のため瞬間接着剤で固定しておきます。
この辺でドリルの使用は止めて、鉄鋼のこぎり等の細めのノコギリを使って穴をくり抜きます。
サイド板に穴をケガき終わったらマスキングテープを外します。

※毎週水曜定休日

半マルの鉄鋼ヤスリでケガき線の1ミリぐらい手前まで削ります。
テンプレートの穴の上下両端をマーキングした所に合わせ
しっかりと抑えながら、ケガき針などで穴の周囲をサイド板に
ケガきます。
サイド板の穴空けの位置を決め、マスキングテープを貼ったら
トップ板のショルダー部に穴の中心がくる所をマーキングします。
サイド板サウンドホール空け
                   
7ミリのドリルビットでサウンドホールのケガき線より最低でも5ミリほど内側に穴を空けていきます。
サイド板の内側には当て木をしていませんので、ドリルが貫通する際にサイド板の裏側がめくれるため、線のギリギリを狙うと悲惨な結果になります。
もう少し細めのドリルビットで開けた方が安全かもしれません。
穴がサイド板のちょうど真ん中に来るようにして、穴の上下両端をそれぞれマーキングします。
             
マーキングした所からスコヤを使って垂線を引きます。
 リペアファイル 

ーリペアファイルに戻るー