ギター工房

 
ロコギターズ

072-845-6984

スプールクランプというギターのトップ板とサイド板を接着する際に用いるクランプを使用しますので、クランプの位置決めをします。

小型車、または軽自動車1台分の駐車
スペースがございます。普通車以上の方
はお近くのコインパーキングをご案内致し
ますので、恐れ入りますがそちらに駐車
頂きますようお願い申し上げます。

〒573 大阪府枚方市高田1-1-47

 お知らせ

fax: 072-845-6985

まず10ミリ~12ミリ厚のベニヤ板を用意し、450ミリ×120ミリの板を2枚切り出します。
次にテンプレートを使って板にボディラインをケガき、そのまま今度は淵が2~3ミリの適当なワッシャーを使ってボディラインより2~3ミリ大きめのラインを描きます。

mail: loco@locoguitars.net

ミシン鋸で切り離したもう片方も、同様にサンディングパッドでラインをキレイに整形します。
次にアームレストの取り付け位置を決め、3ミリ厚位のプラスチック板を用意し、ケガき針でボディラインをケガきます。

営業時間 15:00~20:00

ベルトサンダーでケガきラインの少し手前まで削ります。
ボディラインのテンプレートが出来上がりました。

※毎週水曜定休日

次にクランプの棒を通すを穴あけ、画像のような形に切り出して完成です。
後はスモールサイズのウッドクランを5本用意しておきます。
削り面が斜めにならないようにスコヤでチェックしながら・・。
ミシン鋸でケガきラインの間を切っていきます。
同時に板の両端を画像のように切り落としておきます。
#150ペーパーのサンディングパッドでラインをキレイに整形します。
                   
#150ペーパーのサンディングパッドでラインをキレイに仕上げていきます。
RYOJI MATSUOKA '81年製  MODEL NO 30L #56352

アームレスト材の厚みは約2.5ミリ、これに強度を持たせるためには
ちゃんとしたジグによるしっかりとした接着が必要になってきます。
ここではそのジグの製作を簡単にご紹介します。
             
ベルトサンダーを使いケガきラインの少し手前まで削ります。
 リペアファイル 
ーリペアファイルに戻るー
その板を木工ボンドで接着しておきます。
アームレストジグ製作