ギター工房

 
ロコギターズ

メインポジションマーク入れ

メインポジションマークの場合は、正確な穴あけが必要になるため
ボール盤を使用します。

072-845-6984

小型車、または軽自動車1台分の駐車
スペースがございます。普通車以上の方
はお近くのコインパーキングをご案内致し
ますので、恐れ入りますがそちらに駐車
頂きますようお願い申し上げます。

〒573 大阪府枚方市高田1-1-47

600ミリのスケールを先程のナット、サドルのマーキングに合わせ
各フレットのマスキングテープに直線を引きます。
RYOJI MATSUOKA '81年製  MODEL NO 30L #56352

サイドポジションマークと同様、有効かつ実用的なカスタマイズの一つです。
今回は、あまり目立たないようにとのオーナー様のご希望から、指板の6弦側に
オフセットさせ、アバロン貝を使用してさりげなくオシャレな雰囲気を出すことにしました。
 お知らせ

fax: 072-845-6985

mail: loco@locoguitars.net

今回のような指板塗装をしてあるタイプの場合、ポジションマーク周辺の塗装が多少は剥げてしまうので、最後に指板全体を塗装します。
※塗装の画像は省略
画像は塗装が終わった状態です。
剥げた所をメインに茶色の着色剤で着色し、全体的にも着色して色ムラが出ないようにしました。
後は風合いを合わすために、若干薄めのクリヤーを指板全体に吹き付けて塗装終了です。
もともと演奏で塗装が剥がれてしまっている所は、無理に消さず味として残しています。

営業時間 15:00~20:00

※毎週水曜定休日

今回は12フレットのポジションマークのみ2個入れます。
5弦と6弦の間にバランスよく2個並ぶ位置を探すため、あらかじめ
5弦、6弦のラインを引いておきます。
若干穴の深さが浅かったようなので、飛び出した部分を#320のペーパーで削り、#600~#800のペーパーで指板と面一になるまで削ります。
後は#1000~#1200のペーパーでポジションマークの傷取りとツヤ出しをします。
アートナイフなどで円を切り出し、各ポジションマークに貼り付けます。その後各フレットとヘッド、ナット、ネックグリップ、ヒール、ボディもマスキングテープや新聞紙などを使って全てマスキングします。
                   
2ミリのドリルビットを用意し、約1.8ミリ弱の深さが掘れるように
ストッパー役のマスキングテープを巻きます。
全てのポジションマークの打ち込みが終わった状態。
続いて塗装前のマスキング処理です。
テンプレートを使いマスキングテープに2ミリの円を描きます。
マスキングテープを剥がし、塗装の乾きを確認したら
レモンオイル等で軽く指板を磨いて完成です!

一見ポジションマークが入っていないようで、さりげなくアバロン貝のポジションマークがあしらわれた感じが、何んとも言えない良い雰囲気をかもし出しています。
ーリペアファイルに戻るー
指板を正面から見て左側、5弦と6弦の間にポジションマークを入れることにします。
ナットにマスキングテープを貼り、5弦・6弦間のセンターをマーキングします。

             
今回入れる直径2ミリ厚さ1.8ミリのアバロン貝のポジションマークです。この後サイドと同様に、各穴に少量の瞬間接着剤を付け、プラスチックハンマーで軽く叩きこみます。
ポジションマークを入れるフレットにマスキングテープを貼ります。
 リペアファイル 
先程あけた下穴にドリルビットの先端が来るようギターの位置を調整したら、穴あけをしていきます。
サドルにマスキングテープを貼り、同じく5弦・6弦間のセンターをマーキングします。
続いて各フレットのセンターをマスキングテープに引いた直線にマーキングして、ケガき針などで下穴をあけていきます。