オーナー様の話では、スキャロップ加工によって
弦を抑える力が軽くなり、余計なストレスがなくなった
とのこと。
また、ポジションマークの恩恵は、もはや言うまでもなく
大変実用的なカスタマイズではないかと感じました。

次にサイドポジションマークの埋込です。
今回は2ミリドットのプラスチック製の
ポジションマークです。
各ポジションマークの位置決めをした後
ハンドドリルで穴あけし、瞬間接着剤を
使って埋め込みます。
その後は表面を削って整形し、部分塗装を
施して終了です。

次にメインポジションマークの埋込です。
ポジションマークは直径7ミリ、厚さ1.5ミリ
のパール貝ドットです。
各ポジションマークを入れる場所を決め千枚通し
で軽くマーキングし、ボール盤で穴を開けた後
瞬間接着剤を使って埋め込みます。
その後は指板と面一になるまで削り、最後は
指板と一緒に1500番のサンドペーパーを当て
光沢を出して終了です。

タイトボンドを塗布してクランプで圧着し、
約24時間放置します。

トップ板が薄く、ビス止めが出来ないので
タイトボンドで接着する方法を採りました。
サウンドホールの上部に最適な場所を探し
トップ板の接着部分となる所の塗装を慎重に
剥離していきます。

まずはフィンガーレストの接着です。
エボニー材から切り出して作った、
大変高級感のあるフィンガーレストです。
最後の仕上げはマイクロメッシュ(布ヤスリ)
の12000番まで当て、光沢を出しました。

続いてスキャロップ加工です。
クラシックギターは指板がフラットなので
比較的やりやすいのですが、エボニー指板は
固いので、その点は大変です。ノミや彫刻刀を
使って荒彫りをした後、150番のサンドペー
パーで整形しておきます。

ギター工房

 
ロコギターズ

072-845-6984

小型車、または軽自動車1台分の駐車
スペースがございます。普通車以上の方
はお近くのコインパーキングをご案内致し
ますので、恐れ入りますがそちらに駐車
頂きますようお願い申し上げます。

〒573 大阪府枚方市高田1-1-47

 お知らせ

fax: 072-845-6985

mail: loco@locoguitars.net

営業時間 15:00~20:00


※作業風景の画像が少なく、作業内容や
 工程等が分かりずらいかと思いますが
 何卒ご容赦下さいませ。

※毎週水曜定休日

                   
             
・スキャロップ加工
・メインポジションマーク入れ
・サイドポジションマーク入れ
・フィンガーレスト取付け

1 2

このページのトップへ戻る
 リペアファイル
YAMAHA NCX1200R エレガット